委託費3000億円、減額せず 菅官房長官

要約を表示   
  • 「予算の範囲内で極力、効率的に執行することが重要だ」と述べた
閉じる   
要約を表示   
  • 政府が1世帯に2枚を早急に届けると約束した「布マスク」が、いまだに全世帯に行き渡らないことも問題となっている
  • 首相肝いりの政策がこんなずさんなことでよいわけがない
  • 首相が自ら指示されたにもかかわらず、目標が達成されていないのは、行政組織のどこかに不具合があるのではないか
閉じる   
要約を表示   
  • 「予想していたこととはかなり状況が違っていた」開票結果が明らかになった8日未明、玉城氏は記者団にこう述べ、苦渋の表情を隠さなかった
  • 「知事を招いた集会などができず勢いをつかみきれなかった」と知事支持派の関係者は肩を落とす
  • 争点となった辺野古移設にも、今後の影響は避けられそうにない
閉じる   
要約を表示   
  • 「ポスト安倍」に意欲を示す石破氏と、党の実力者の二階氏との連携の足がかりとなる可能性もあり、注目が集まりそうだ
  • 石破氏は会談後、記者団に「自民党はいかにあるべきか」
  • 同じくポスト安倍をめざす岸田文雄政調会長は8日の記者会見で、二階氏が石破派の講演を引き受けたことを記者団に問われ、「幹事長は各派閥のパーティーに出席していたのではないか」
閉じる   

内科医が出馬表明 鹿児島知事選

要約を表示   
  • 知事選をめぐっては、これまでに現職を含む計5人が立候補を表明しており、横山氏は6人目となる
  • 脱原発を訴えるほか、米軍空母艦載機の離着陸訓練では馬毛島(西之表市)への移転反対を主張する
閉じる   
要約を表示   
  • 決議では、新型コロナウイルスに対して国際社会が協力して取り組まねばならないなか、中国公船の領海侵入や日本漁船への接近、追尾を「断じて許すわけにはいかない」と批判した
閉じる   
要約を表示   
  • 2018年に就任した玉城デニー知事に対する中間評価の場とも位置付けられ、移設阻止を訴える知事を支持する県政与党勢力は過半数の維持、自民党など野党は半数以上の獲得を目指す
  • 内訳は共産、社民両党など県政与党系が35人、自民、公明両党など野党系が26人、中立が3人
  • 県政与党が過半数を維持すれば、16年の前回県議選、18年の知事選に続く辺野古移設反対派の勝利となり、移設を推進する政府と地元が対立する構図が続く
閉じる   
要約を表示   
  • 国民民主党の前原誠司元外相が、日本維新の会の国会議員らと、地方分権に関する勉強会を立ち上げる
  • 前原氏は一部の維新幹部と関係が近く、今後の野党再編での連携を模索する動きとも受け止められている
  • 前原氏は記者団に、純粋な政策勉強会と強調した上で、「地方主権改革を進めることが、ポストコロナの大きな政策課題だ」
閉じる   
要約を表示   
  • 委託費の多寡の問題も含めてしっかりと見ていかなければいけない
  • 私たちは政策はつくったが運用は任せていたほうがだめだった、ということでは国民の信を得ることができない
閉じる   
要約を表示   
  • 参列者らによると、妻の早紀江さん(84)は「お父さんは安らかに天国に行きました」と思いを語り、生前の支えに謝意を示した
  • 早紀江さんは参列者へのあいさつで、臨終の様子をこう振り返ったという
  • ベッドに横たわる滋さんの耳元で「天国で待っていて」
閉じる   
要約を表示   
  • 自民党が改選前より3議席増やすなど、勢力を伸ばした
  • 県議選は、玉城県政を支持する共産、社民両党など県内与党と、不支持の自民、公明両党など県内野党のどちらが過半数を制するかが最大の焦点とされた
  • 与党側が議席を減らしたことについて玉城氏は8日、記者団に対し「一層気を引き締めて、県政運営と議会への真摯(しんし)な対応に努めていかなければならない」と述べた
閉じる   
要約を表示   
  • 議連は2月、自然災害が相次ぐ中、気候変動に対する危機感を共有しようと自民や公明、立憲民主、国民民主、共産、日本維新の会の議員約40人で設立され、今国会中の宣言決議を目指していた
  • 議連の共同代表幹事を務める国民民主党の古川元久代表代行は産経新聞の取材に「新型コロナの影響で起草案を調整する状況になかった」
閉じる   

委託費、予備費で追及へ 8日から2次補正審議―野党

要約を表示   
  • 新型コロナウイルス対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算案は、8日の衆参両院本会議で審議入りする
  • 野党は審議に協力する一方、「持続化給付金」などの委託費問題や10兆円の巨額予備費に関し、安倍晋三首相を厳しく追及する方針だ
  • 政府の裁量で支出できる2次補正の巨額予備費についても、事実上の白紙委任になるとの批判が出ている
閉じる   
要約を表示   
  • 「ウイルスとの共存」の道へ、改めて決意を記した
  • 吉村知事はツイッターで、USJの営業再開を伝えた記事を引用し、感染防止策を講じた上で経済活動を徐々に戻していくことを強調
  • 「感染症対策と社会経済の両立、『ウイルスとの共存』、難しいがこの道を進むしかない」とつづった
閉じる   

【点描・永田町】官邸の“守護神”が“疫病神”に転落

要約を表示   
  • 就任の記者会見をする黒川弘務東京高検検事長=2019年1月、東京・霞が関永田町や霞が関で「官邸の守護神」と目されてきた黒川弘務東京高検検事長が、突然、辞職に追い込まれて大騒動となった
  • 急転直下の黒川氏辞職の引き金となったのは、いわゆる“文春砲”
  • 官邸内からは「すべては検察トップの判断」と、一連の“黒川問題”は「稲田伸夫検事総長の責任」(政府高官)との声も相次いでいる
閉じる   
要約を表示   
  • 政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を全面解除した後も、自民党所属の国会議員が地元選挙区入りの自粛を強いられている
  • 感染拡大を防ぐために安倍晋三首相(党総裁)が国民に対し、県境をまたぐ移動は6月19日まで待つよう求めたためだが、自民内には「同じ選挙区の野党議員は毎週地元入りしている」(閣僚経験者)との不満もある
  • 内閣支持率が下落する中、選挙地盤が弱い議員からは「地元に帰って選挙活動をしたい」(細田派)、「6月19日が来たらすぐにでも帰る」(竹下派)など「解禁」を待ち望む声が漏れる
閉じる   
要約を表示   
  • 安倍晋三首相は10兆円という前例のない巨額の予備費を計上したことについて「今後の長期戦を見据え、臨機応変かつ時機を逸することなく対応する必要がある」と述べ、正当性を強調した
  • 10兆円の予備費について、国民民主党の大西健介氏は「国会審議を経る必要がない形で白紙委任することは議会の自殺行為だ」と指摘
  • 1次補正に盛り込まれた観光需要喚起策「GoToキャンペーン」の最大3095億円の事務委託費については「過去に実施した消費喚起キャンペーンの際に生じた費用を参考に計上した」と説明
閉じる   

GoTo・給付金の委託費問題、与野党攻防 討論番組で

要約を表示   
  • 新型コロナウイルス対策のための補正予算案が国会で審議されるのを前に、与野党の幹部が7日、NHKの討論番組で論戦をかわした
  • 野党は消費喚起策「GoToキャンペーン事業」や持続化給付金の不透明な委託費問題を追及
  • 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「GoTo」事業などの事務委託費について「非常に不透明な部分がある
閉じる   
要約を表示   
  • 専門家の意見を踏まえ、県議会9月定例会までの条例化を目指す
  • 事件に使用されたボーガンについて、井戸氏は「銃刀法の対象にするのは難しい」と指摘
閉じる   
要約を表示   
  • 日本に暮らす外国人は、特に人道上の事情があるときなど再入国できる場合もあります――
  • 法務省は表記を見直し、「人道上配慮すべき事情があるときなど、個別の事情に応じて上陸を許可する場合もある」と明記した
  • 日本政府は世界111カ国・地域を対象に、特段の事情がない限り外国人の入国を原則拒否している
閉じる